最近お得だった電子書籍

コンピュータ・アーキテクチャについてまとまった本をもう一度ちゃんと読みたいなと思って検索したり Amazon のレビューをいろいろ見ていたところ、なんとパタヘネ本(ヘネパタじゃないほう)の上下合本版のポイント還元率が40%(7,560円に対して3,046ポイント還元)だったので、一瞬考えた末購入した。

上巻のサンプルを読んで続きが読みたいと思っていたし、ほぼ上巻分の金額で上下巻が買えるのはいいなと思って。

 

というわけでこのお得な情報を微力ながら共有しようとブログに書き始めたんだけど、今みると還元率がほぼ0%に変わってしまっている(購入したのは 6/1)。

Amazon のポイント還元率の変動はどういうロジックなんだろう…?

 

他の人にポイント還元率の点でおすすめできなくなったのは残念だけど、レイアウトも固定じゃなくリフロー版でこの価格で買えて、いい買い物をした。

 

f:id:technoirphile:20170604001309p:plain

ポイント40%還元時の画面。そもそも元の価格が高いんだけど還元ポイントのインパクトがでかい。

 

 

Amazonのおすすめ商品をリンクでたどってるとちょいちょい還元40%になってる技術書があった。

『体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方』も対象になっていて気になったけど、レイアウト固定版。1000円くらいの違いならリフロー版がいいなあ。

 

 

あと、Kindle じゃないけど、マンガワンで最近読んだ『坂道のアポロン』という漫画がおもしろかった。

1966年の長崎を舞台にした高校生とジャズの漫画で、レトロな余韻が残る。

長崎弁かわいい。

1巻分まで無料公開が 6/4(日)まで。

 

マンガワンは小学館が出してる、同出版社のセレクトした連載漫画や過去の漫画が買い切りじゃない形(電子版の有料レンタルみたいなもの)で閲覧できるアプリ。

今回は6/4(日)までで一旦終了するけど、同じ漫画の閲覧キャンペーンをしばらく経ってから繰り返すことがあるのでアプリ入れとくとまた見れるかも。

 

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)